タイトル

布おむつを利用して節約しましょう

紙おむつと布おむつには違いがあります。
まず、紙おむつは通気性が良く、吸収率も優れています。
しかし、使い捨てになるために経費がかさみます。
よって、種類がたくさんあるので、節約するためには安いものを購入しなければなりません。
一方、布おむつの場合は、通気性や吸収率は前者には劣りますが、何回も洗濯して使うために、経費はかかりません。
ただし、毎日洗わなければなりません。
洗濯機だけでは汚れが取れないこともあるので、手洗いをする方が汚れが落ちます。
それさえクリアすればおむつ代がかからないので、非常に節約することができます。
赤ちゃんはおしっこの場合は大丈夫ですが、うんちの場合だと不快感になるために、すぐ交換できるように10枚ぐらいはおむつを準備していた方が無難です。
10枚入りのセットがあるので、それを購入すれば、後はまた古くなった時に購入すれば良いです。
家計を助けるためにもそのようなちょっとした工夫は大事になってきます。

pickup


ウエアハウスを購入


ブリーダーの柴犬専門店【Ryukyumiyagi】


2019/3/8 更新